琵琶を飛行機で運ぶには?注意したいこと。

演奏や引越し等で琵琶を飛行機で運ぶ時、事故がないように注意したいことをまとめてみました

■用意するもの(左から)

・糸あて

・楽器

・プチプチ(琵琶の下、梱包用の)

・いらないニット帽

・覆手カバー(ふくじゅ、と呼びます。糸を結んでいる下の部分を守るケースです)

・いらないマフラー

演奏などで飛行機で移動する際、私が個人的に気をつけていることです。
基本的に現状、飛行機で手荷物持ち込み不可です。
私の鶴田流琵琶は、薩摩琵琶よりもちょっと大きいので余計ダメ^^;
なので、空港に行く前には以下の準備をしています。


■自宅でココを準備■


1、現地についてすぐ演奏しない場合、糸巻きははずす
2、現地についてすぐ演奏の場合は、糸巻きをつけたままプチプチで糸巻きをくるむ。
 このとき、一本ずつ丁寧にテープでまくと良いです!
 糸巻きは角度によってコツン、とやられただけで折れたりしますので、ここを慎重に!


ガムテープとゴムでずれないように巻くと安心です。

3、プチプチの上からマフラー等長い布で巻く。(私はモコモコマフラーで巻いてます)

4、マフラーの上から、フェイスタオルで両サイド巻く。
5、海老尻のところを柔らかい布などで巻く。私はネットウォーマーを巻いてます。
6、覆手カバーをしっかりして、覆手の周りにやわらかいニットなどで覆う。(私はニットキャップを下からかぶせています)

以上、覆った上から覆う!ということで頑丈にくるみます。
これでもか!とくるみます。

 

7、楽器をケースに入れて、余った隙間にタオルをつめます。

これでいつでも持ち出せます♪

 

若干重くなる&持つのにバランスが悪いですが、用心に越したことはないです!

私はこれで今まで壊れたことがないので、初めて持ち運ぶ方にはおススメいたします。

何かいい方法等ございましたら教えていただけますと嬉しいです☆

■出発の空港に着いたら■


楽器のこともあるので、チェックインカウンターが空いている時間に行きましょう。
ギリギリだと大事なものも適当に扱われることがありますので、余裕をもって移動してください。
また、飛行機に遅れる!と思って焦って電車の中でゴン!ってぶつかって糸巻きが折れたらひーーー!ですよ!
くれぐれもご注意を!

 

 

■目的地で荷物を受け取ったら■
ソッコーケースを開けて、糸巻きが折れてないか、覆手が取れてないか確認してください。
折れてたことはないですが・・・。

でも念のため!

 

----------------------------------------------------------------

 

■参考■

新しい糸巻きの料金(2009年度、石田琵琶店に聞きました)

塗りでない琵琶(茶色の) 1本:1万円

塗りの琵琶、総桑      1本:1万5千円

覆手              こ、これは・・・時価だと思いますが、真新しいのは15万はすると思います・・・

                 くれぐれも取らないように!

                 接着だけの値段は未調査です。

----------------------------------------------------------------

航空会社考察。

あくまでも琵琶との相性で記してますが、琵琶弾きには重要なのだ。

よく使う航空会社の対応です。

あくまで、私的な感想です。

 

オススメ【ANA】【スカイネットアジア】
さすがの対応。大事に扱ってくれます。
楽器専用のボックスにいれてくれます。
中身がずれないように、楽器を箱の中についているベルトで締めてからあいているところに梱包財を入れて調整してくれます。
チェックインカウンターで「現地の受取は係員に声をかけてから出してきてください」と伝えるとちゃんと伝達してくれます。
目的地について、係員にお願いすると手でそーっと運んできてくれます。
天地無用は当然のこと、大事にしてくれるので安心。


ヤメトケ【SKYMARK】
国内線激安のスカイマークエアライン。
何度か利用しましたが、安いからってそんな態度かい!という・・・^^;

まず、楽器です、とカウンターにいくと、2回に1回は嫌な顔をされます。
そして「壊れても保障しませんよ」とおもむろに誓約書にサインさせられます。
天地無用の紙を養生テープで楽器にペタペタ貼ってくれます。
でも言わないと貼ってくれないのでココとココとココに貼って!と言いましょう。
具体的には楽器の胴体、糸巻き側、おしりのほうに3枚。
で、不安定なコンテナに入れられます。

羽田から熊本にいったときは係員が手で運んできてくれたのですが、熊本から羽田にきたときはなんとトランクと一緒に回ってきました。
信じられん。。
なので、楽器ナシの際はいいかもしれませんが、楽器移動ではオススメしません。

あくまで私的考察です。ご参考までに。